2016年1月11日月曜日

Chus(チャウス)でランチが素敵

通称“SHOZO通り”に、那須朝市をお洒落に再現したスペース、Chus(チャウス)がオープンしたと聞き、ランチに訪れました。



お店のシンボルマークの緑色のトラックには、美味しそうな新鮮野菜がたくさん。



イイ雰囲気の雑貨等も売られていました。



お店の奥がカフェスペースになっていて、食事をすることができます。



吹き抜けで木の枠が見える天井、店内の真ん中に植えられた木。



図工室のようなテーブルとさりげなく綴じられたメニュー。
どれをとっても、まるで向井理が主演したドラマ「ハングリー」の舞台になった洒落た手作りのレストランのような雰囲気で、すっかり気に入ってしまいました。



そしてランチのおすすめメニューは唐揚げ。
大きな唐揚げですが、美味しくてペロリ。

2階はまだ工事中でしたが、今後は宿泊施設になる予定のようです。
那須朝市をベースコンセプトに、泊って食べれて飲める、お洒落な手作り空間になるってことですね。
そのコンセプトが面白い。
これからの発展を大いに期待しちゃいます。